義母の許せないエピソードシリーズ⑥

    幻のアクセス増加は1日で終わってしまいました・・・。一体何の悪戯だったのか・・・?

    ぬか喜びでした(´◉◞౪◟◉)

    でもでも、毎日訪れてくれている方々もいて、本当にありがたいです。

    感謝感謝!これからもっと書いていきますよー!!!

    スポンサーリンク



    さて今回も義母のエピソードシリーズ、第六弾いかせてもらいます!

    今回は私の実家に嫉妬心を剥き出しな、醜い義母のお話です。

    それではどうぞ~。


    これは同居1年経過した頃くらいのお話。

    週末に私が当時2歳前くらいの長男を連れて実家に泊まりで帰ったことがありました。

    私の実家にはその時、私の姉や弟の子どもたちも集まり、息子もいとこ達と集まって遊べたのがとても楽しかった様子。

    日曜日の夕方帰る時間になり、息子はあまりに楽しかったので、帰るのを嫌がりました。

    いとこ達とバイバイするのが嫌で、グズグズ泣いていました。

    でもなんとか本人も納得して車に乗って、また来ようね、帰ろうね、となだめての帰宅でした。

     

    さて、帰宅して義母が出迎えた時、やはり家に帰りたくなかった気持ちが再燃した息子、大グズりしてしまいました。

    「おうちイヤー!!」と泣きながら家に入るのを拒否してしまいました。

    その息子の様子に、面白くなかった義母、言い放ちました。

    「じゃあ帰れ帰れ!!あっちのおうちに帰ればいいわ!!」

    って。

    「日曜にあっちの家行くなら、ご飯もお風呂も済ませてくればいいんじゃないの!?」

    とも。

    まだ2歳にも満たない幼子に、対等の目線でキレてました。

    まぁ、息子に言ってるけど、実際は私にも言ってますよね。

    まだ義母に従順ないい嫁を演じていた私は、そんなキレた義母が玄関に立ちはだかっているのに、家に入って良いかも分からず、宥めても義母がキレたことで余計に泣いている息子を宥めきれず途方に暮れて、ひとまずドライブで気持ちを落ち着かせることにしました。

     

    当時の私はと言えば、夫は土日関係なく超多忙で、年に片手に数えるほどしかお出かけなんてできない状態でした。

    土日は家族連れで賑わうレジャー施設や公園に、いつも一人で子ども連れて行ってて、なんか寂しく虚しく、なんでいつも一人なんだろうって孤独を感じていました。

    平日はママ友と会えるけど、土日はみんな家族と過ごすし、たまに週末実家に帰るくらいしか、息抜きできなくて。

    そうやって実家に帰ることも、当時は義母に遠慮もあって、いつも「すみません」と気を遣いながらでした。

    義母にも気を遣いながら、でも自分の息抜きも必要で、少し肩身の狭い思いをしながらの実家への帰省で、帰ってみれば義母はキレて、確信しました。

    やはり内心帰省することを面白く思ってなかったんだなって。

    孫が私の実家の方がいいって言ったのも面白くない気持ちは分かりますが、そんなあからさまに態度に出しますか?

    「帰れ!」って。

    私たちの家はここなのに。

    追い出すように、実家が私たちの家のような言い方してキレて。

    そんなこと言われて家の中に入れないし。

     

    ひとまずドライブで気持ちを落ち着けて、息子も車中で寝たので帰宅したら、義母言いました。

    「○○(息子)があんまり悪い子になったから、捨てようかと思ったわ!」

    ですって!!!!!

    恐ろしい。

    私の子どもです。勝手に捨てないで下さい。

    自分が気に入らないと、孫を捨てようと思うなんて、鬼ですね。

     

    あぁ、今思い出しても腹が立ってきました。

     

    前回、人間的に悪い人じゃないって書いた気がしますが、今はそれを全否定したい気分になってきてます。

     

    本当に、波があって難しいです。

    良い時は波風立たず平穏に過ごすこともできるんですけどね、こういったトラブルがガツンとやってくるんですよね。

    1ヶ月に1,2回はあるかな。

    ううん、前はもっと酷かった。

    少しずつ夫が義母の暴言に苦言を呈して、ようやく頻度が少なくなってきたかなってところです。

    前は毎日のように暴言ありました。思い出した・・・。

     

    私の実家は、夫の家と比べるとわりと裕福で、(っていっても中流家庭ですが)人がよく集まり、イベントも多いです。

    親戚の集まりってより、家族それぞれの友人たちが集まって皆でワイワイ仲良くやってるような感じで、オープンな家庭です。

    夫の家は、自営業なこともあってか、(しかも特殊な伝統工芸)かなり閉鎖的で、家族間の仲もそれほど良くもなく、まぁ男3兄弟ってのもあるかもしれませんが、あまり人が集まるような家ではありません。

    そういうのも義母には面白くないらしく、日ごろから

    「○○さんち(私実家)はいっつも行事ばっかりで忙しいねぇ」

    とか、

    「お金ばっかり使うねぇ」

    とか、嫌みを言ってきてました。

    「ピコ丸さんのお母さんは私と違ってオシャレにお金かけるもんねぇ」

    とか。

    ちなみに義母は30年間自分の服は買ったことないんですって( ̄ー ̄)

    自分の服に使うくらいなら、子どもに何か買ってやりたい、とか自慢げに言ってましたけど、いくらなんでも異常ですよね!?

    そんな義母と比べたら誰だってオシャレにお金かけてます!!!

    昭和を通り越して大正時代のような男尊女卑の思考の持ち主なので、きっと夫や子どもに献身的に尽くす自分が大好きなのでしょう。

    私には理解不能です。

     

    まぁ、そんな感じで私の実家への僻みなんだか妬みなんだか、嫌味ったらしく日ごろから言われていたので、孫まで「おうちイヤー」なんて愚図っちゃって、相当怒りが沸き上がってしまったのでしょうね。

    そんな醜い義母のお話でした。

    読んでくれてありがとうございました。

    この義母との別居、応援するよって方、こちらポチってもらえると喜びます。(o*。_。)oペコッ

    にほんブログ村 家族ブログ 長男の嫁へ
    にほんブログ村

    ランキング上昇中です(^-^)

    シリーズものはこちらからもどうぞ(^^♪

    義母の許せないエピソードシリーズ⑤

    義母の許せないエピソードシリーズ④

    スポンサーリンク


    似たカテゴリーの投稿

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です